top of page

【シェルドライスーツのリペアについて】

問合せの一つに、「ジェットスキー用のドライスーツのリペア」があります。


ジェットスキー用ドライスーツは一般的に海外製の「シェルドライ」タイプが多いです。


シェルドライとは


軽さと耐久性に優れたドライスーツの一種です。

伸縮性のないファブリック素材でできており、素材自体が薄く浮力がないため、水深による浮力変化がほとんど発生せず、中性浮力がとりやすいのが特徴です。(google 検索)


ベースが「ファブリック素材」で、袖口、首、ソックスが、「ラテックス」でできております。


シェルドライは、特殊な製法でできており、ラテックスは汎用のものもあれば、特殊なタイプがあります。


シェルドライは、軽量で持ち運びが便利ではありますが、「ラテックス」の耐久性は悪いです。


シェルドライのトラブルで多いのは、袖口、首、ソックスの破損です。


弊社に問合せが多いのは、「ラテックス」の交換です。


汎用性のある袖口タイプならば、以前は交換を行っていましたが、

首、ソックスは、メーカーオリジナルのものについては仕入れることができず、

さらに交換する職人もいなくなったため、

現在では、袖口、ソックス、首の交換は受け付けておりません。



そもそも当社は、シェルドライを製造していませんので、取り扱いと修理は行っておりません。




以上のことから、下記の修理は扱っておりませんのでご注意ください。


シェルドライの修理全般


1)手、足、首、ソックスのラテックス交換


2)防水チェックと防水処理


3)ファスナー交換


4)サイズ修正






閲覧数:95回0件のコメント

Comments


bottom of page